JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前にある文化施設です。578席の大ホールをはじめ、小ホール、市民ギャラリー、4つの練習室、和室、マルチパーパススペースがあります。
最新の書き込み
 
 
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

 
〒184-0004
東京都小金井市本町6-14-45
TEL: 042-380-8077
FAX: 042-380-8078

開館時間: 9:00 ~ 22:00
受付時間: 9:00 ~ 20:00
休館日: 毎月第2火曜日および第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日) / 年末年始
【重要】施設を利用するみなさまへのお願い(6月10日更新) 20. 06. 10

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設を利用される際は下記の項目をご確認いただき、ご協力をお願いいたします。

<ご来館のみなさまへ共通のお願い>

■発熱・体調不良などの自覚症状がある場合、ご来館はお控えください。

■こまめな手洗い、手指消毒、咳エチケットを徹底してください。

■マスクを着用してください。

■人と人との間は、一定の距離(最低1メートル)を確保してください。

■近距離、対面での会話はお控えください。

■共有スペースでの飲食は水分補給を除きご遠慮ください。

■冷水機の使用は当面の間停止します。水分補給は水筒やボトル飲料をご用意ください。

■長時間の滞在はご遠慮ください。                                                                                                            

<施設を利用する主催者のみなさまへのお願い>

施設ごとの「新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い」をご確認ください。

また、貸出当日には、「チェックシート」のご提出をお願いいたします。(ご利用当日に窓口でもご記入いただけますが、事前にご用意いただくと貸出時の手続きがスムーズです)

「新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い」 大ホール・小ホール(PDF)      /   「チェックシート」 大ホール・小ホール(PDF)

「新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い」 市民ギャラリー(PDF)         /   「チェックシート」 市民ギャラリー(PDF)

「新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い」 マルチパーパススペース(PDF)   /   「チェックシート」 マルチパーパススペース(PDF)

「新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い」 練習室・和室(PDF)          /   「チェックシート」 練習室・和室(PDF)

                          

 
【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う利用料金の還付について(6月8日更新) 20. 06. 08

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした自粛により施設利用を取消する場合には、既納の施設利用料金を全額還付します。

【還付対象】

令和2年2月20日(木曜日)以降、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした自粛により取消する施設利用

【申請期間】

令和2年6月2日(火曜日)~令和2年7月31日(金曜日)

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、延長する可能性があります。

【申請方法】

お電話でご連絡ください。

手続き方法は、お電話でご案内します。

 
【重要】 施設利用抽選会の実施について 20. 05. 21

新型コロナウイルス感染拡大抑止のため、下記の施設利用抽選会は、当館スタッフによる代理抽選方式で実施いたします。

令和2年6月1日(月)     抽選対象: 大ホール・小ホール・市民ギャラリー  令和3年7月分       

                           練習室・和室                令和2年12月分

令和2年7月1日(水)     抽選対象: 大ホール・小ホール・市民ギャラリー  令和3年8月分       

                           練習室・和室                令和3年1月分

令和2年8月1日(土)     抽選対象: 大ホール・小ホール・市民ギャラリー  令和3年9月分     

                          練習室・和室                 令和3年2月分

詳しいご案内は、前月の15日頃当館ホームページでお知らせします。

※状況により、令和2年9月1日以降の抽選会も「代理抽選方式」により実施する可能性もございます。  最新の情報は、当館ホームページでご確認ください。

 
【イベントレポート】
まちかどコンサート@小金井市立東小学校
20. 03. 13

6年次に学ぶオーケストラ鑑賞の入門編として、こがねいガラ・オーケストラから特別編成された「ムジカこがねい」による室内楽コンサートを東小学校4年生対象に行いました。

「オーケストラの中で活躍している楽器」という切り口から、楽器の種類や特徴、オーケストラの中での役割などのお話や、さまざまな技法を駆使した曲も加え、楽器の魅力をいろいろな角度から深堀りするプログラムを構成しました。

まずはご挨拶代わりにフチーク作曲の「剣闘士の入場」からスタート。
そして、弦楽器の紹介とあわせて、弦楽四重奏版のヴィヴァルディの『四季』から「春」とサンサーンスの「白鳥」を演奏。アンダーソン作曲「プリンク・プレンク・プランク」では、弓を使わずに指で弦を弾くピチカート奏法で軽快な音楽をお届け。オーケストラの中心的存在であるオーボエの紹介とあわせて、オーボエの仲間の楽器イングリッシュホルンでドヴォルザークの「家路」を披露しました。

演奏家メドレーでは、作曲家のイラストを使い、作曲家の紹介とともに名曲を数珠繋ぎにしたアレンジで、たっぷりとクラシック音楽の世界を聞いていただきました。最後にお届けした世界音楽メドレーではタンゴやルンバ、ジャズ、日本伝統のソーラン節など、世界各地で親しまれている音楽をお届け。短い時間ではありましたが、ギュッとつまった濃密な時間をお贈りしました。
質問をすると元気な声で答えたり、知っている音楽が流れると口ずさんだり、作曲家のイラストを見て笑ったりと、子ども達の素直な反応に「ムジカこがねい」のメンバーは終始楽しそうに演奏していました。

今年度も小学校、中学校から声をかけていただき、小金井ゆかりのアーティストたちが出張いたしました。子どもたちの心に残るステキな時間になっていると嬉しいです。
来年度のまちかどコンサートにもご期待ください!

 
【イベントレポート】
ホールの響きシリーズ 第3回 ラテンの響き
20. 03. 13

当館大ホールの響きを楽しむ企画《ホールの響き》シリーズ。
第3回は、クラシック界の若手奏者の中でも、人気・実力ともにトップクラスの朴 葵姫(ギター)と上野星矢(フルート)による、デュオコンサートを行いました。

今回初共演となるふたりのテーマは"ラテン音楽"。
スペインを代表する作曲家ファリャや、パラグアイの作曲家バリオスの味わい深いタンゴの作品、ギタリスト兼作曲家として活躍をするフランスのキルシュナーの作品、そして、タンゴ音楽の巨匠ピアソラの情熱あふれる作品を取り上げたタンゴ音楽の遍歴を感じることのできる魅力あるプログラムです。