JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前にある文化施設です。578席の大ホールをはじめ、小ホール、市民ギャラリー、4つの練習室、和室、マルチパーパススペースがあります。
最新の書き込み
 
 
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

 
〒184-0004
東京都小金井市本町6-14-45
TEL: 042-380-8077
FAX: 042-380-8078

開館時間: 9:00 ~ 22:00
受付時間: 9:00 ~ 20:00
休館日: 毎月第2火曜日および第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日) / 年末年始
【こがねいジュニア特派員 イベントレポート vol.7】
北村英治スーパーカルテット with キャロル山崎
21. 10. 04

今年度、当館では新企画として、市内の小中学生から主催公演を鑑賞してレポートを書いてくれる「こがねいジュニア特派員」を募集しました。応募者多数の中、採用された特派員の鑑賞レポートをぜひご覧ください。
(原文のまま、書き起こしています。)
************************************************

小金井市立緑中学校 1年 輿水健太さん

 僕は「北村英治スーパーカルテット with キャロル山崎」を観に行った。カルテットとは、四人で演奏することだ。今回のコンサートは、クラリネット、ピアノ、ベース、ドラムで編成されているジャズバンドだ。北村英治さんは、世界的ジャズ・クラリネット奏者である。ステージでは「演奏が楽しい」や「支えられているから続けられる」とにこやかに言っていた。九十歳を超えてもなお楽しむ力、楽しませる力がかがやいている。

quartet.JPGtalk.JPG

 演奏された曲は、明るい曲や落ち着いた曲などがある。これらを聞いて、僕は心がはずんだ。「スマイル」という曲は、歌のある曲だ。英語の歌詞で内容はよく分からなかった。しかし、歌の中に「スマイル」という言葉が聞きとれた。この歌は「笑う」という意味で、僕は太陽に向かって一生けん命にのびているひまわりが思い浮かんだ。「ティーフォートゥー」は、男女の歌声が混ざり合って、とてもきれいな曲だった。

pf&vo.JPG

「キュート」は、ソロパートの印象的な曲だ。ドラムのソロが、とてもかっこいい。音の強弱や早さがリズムを生んでいて、思わず体がゆれた。ホール全体で手びょうし、拍手をして、自分も音楽の一部のようになった。「シング・シング・シング」は、聞いたことがある曲だ。やはり生は全く違う。音につつみこまれたような感じで、曲にひきこまれた。HAPPYな気持ちで、とても特別な時間だった。

drums.JPGcb.JPGcl.JPG

 「いい仲間と演奏できるのは最高の幸せ」という言葉を北村さんが何度も口にしていた。それだけ大切なことなのだ、と僕の心に残った。北村さんがクラリネットを続けられているのは、周りにいい仲間がいて、支えられているし、言葉にできない楽しさがあるからだろう。僕は弦楽部でバイオリンをひいている。周りにいる「いい仲間」を大切にして、続けられるかぎり演奏をしていきたい。

(公演写真:藤本史昭)

************************************************

junior7.JPG

「楽しむ力、楽しませる力がかがやいている」や、「自分も音楽の一部のようになった」など、ステキな表現で紡がれたレポート。
弦楽部に入部したものの、コロナ禍でなかなか合奏ができないと嘆いていた輿水さんですが、これから、「いい仲間」とたくさん音楽を楽しんでほしいなと思いました。応援しています!

スタッフによるイベントレビューはコチラ