JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前にある文化施設です。578席の大ホールをはじめ、小ホール、市民ギャラリー、4つの練習室、和室、マルチパーパススペースがあります。
最新の書き込み
 
 
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

 
〒184-0004
東京都小金井市本町6-14-45
TEL: 042-380-8077
FAX: 042-380-8078

開館時間: 9:00 ~ 22:00
受付時間: 9:00 ~ 20:00
休館日: 毎月第2火曜日および第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日) / 年末年始
【こがねいジュニア特派員 イベントレポート vol.6】
こがねい落語特選 納涼 古典究理の会
21. 09. 27

今年度、当館では新企画として、市内の小中学生から主催公演を鑑賞してレポートを書いてくれる「こがねいジュニア特派員」を募集しました。応募者多数の中、採用された特派員の鑑賞レポートをぜひご覧ください。
(原文のまま、書き起こしています。)
************************************************

小金井市立小金井第三小学校 6年 永井玖奈さん

落語はむずかしい言葉を使うときがありますが、小学生の私でもわかる内容だったので、面白かったです。
私が特に好きだったお話が2つあります。死神と試し酒というお話です。

死神は、ある男が合言葉を言うと死神を追い払うことができ、患者さんを治してお金をもらいますが、最後にルール違反をしたので、自分の命のロウソクを死神に消されてしまうというオチのあるお話でした。

sinigami1.JPGsinigami2.JPG

試し酒は、ある2人の男がかけをするお話です。1.8Lのお酒を5本飲むことができればおこづかいをやるとうものです。見事5本飲まれてしまったのでおこづかいをあげました。負けた男が、「そういえば、かけをやるかやらないか迷いながら居酒屋に入ったのはなぜだ?」と聞くと、勝った男は、
「試しに1.8Lを5本飲んでみてからかけをしようと思った。」
と答えました。なんと、1.8Lを10本飲んでいたことになります。
とても面白いお話です。
また機会があれば落語を聞きに行きたいです。

sake1.JPGsake2.JPG

(公演写真:藤本史昭)

************************************************

junior6.JPG

学校で落語体験をしたことがあるという永井さん。
今回は大人向けの本格古典落語の会でしたが、しっかり内容を理解し、
特に面白かった噺をわかりやすく紹介してくれました!

スタッフによるイベントレビューはコチラ