JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前にある文化施設です。578席の大ホールをはじめ、小ホール、市民ギャラリー、4つの練習室、和室、マルチパーパススペースがあります。
最新の書き込み
 
 
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

 
〒184-0004
東京都小金井市本町6-14-45
TEL: 042-380-8077
FAX: 042-380-8078

開館時間: 9:00 ~ 22:00
受付時間: 9:00 ~ 20:00
休館日: 毎月第2火曜日および第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日) / 年末年始
【コンシェルジュ通信vol.9】 〈施設のご案内②〉 大ホール緞帳(どんちょう) 15. 03. 06

こんにちは、こがねいコンシェルジュです。

 

施設のご案内シリーズ2回目のテーマ、大ホール緞帳(どんちょう)をご紹介する前に

『小金井市民交流センター空間グラフィック計画』について少しお話しします。

 

小金井市民交流センターが建てられる際、空間グラフィック計画により館内がデザインされました。

小金井の地形的特徴をテーマに、緑と水に恵まれた自然あふれるこの地域の魅力が

大ホールの緞帳や前回ご紹介した壁面のサインなどに表現されています。

『小金井市民交流センター空間グラフィック計画』は2011年度にグッドデザイン賞を受賞しました。

(詳しくはこちらをご覧ください)

 

mainhall_img.jpg

さて今回のテーマ、大ホールの緞帳は『小金井の道』と名づけられています。

緞帳に描かれた線は小金井市内の道を表しています。

小金井街道、新小金井街道、五日市街道など大きな道は見つけやすいと思います。

そして、緞帳全体の色は緑と水の色を合わせたような緑がかった青色。

何ともいえない美しい色合いです。

緞帳上部の道が描かれていないところは都立小金井公園、下部に広がる青いところは

都立武蔵野公園や都立野川公園などです。

自然あふれる小金井が、この緞帳の色で表現されています。

 

緞帳はホールの顔といわれますが、『小金井の道』はまさに自然豊かな小金井市のホールにふさわしいデザインなのです。

 

交流センターの大ホールは、音響反射板を設置してのコンサートホール形式と

プロセニアム形式という二つの顔を持っています。

緞帳をご覧いただけるのは、演劇、舞踊、講演会などでご利用いただくプロセニアム形式のときです。

ぜひ一度、当館自慢の緞帳をご覧いただけたらと思います。