JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前にある文化施設です。578席の大ホールをはじめ、小ホール、市民ギャラリー、4つの練習室、和室、マルチパーパススペースがあります。
最新の書き込み
 
 

 
〒184-0004
東京都小金井市本町6-14-45
TEL: 042-380-8077
FAX: 042-380-8078

開館時間: 9:00 ~ 22:00
受付時間: 9:00 ~ 20:00
休館日: 毎月第2火曜日および第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日) / 年末年始
施設利用抽選会を実施しました 18. 07. 01

7月1日に抽選会を実施しました。

 抽選会終了後の空き状況は以下のとおりです。下記リンクよりPDFファイルをご参照ください。

  ・大小ホール、市民ギャラリー(2019年8月分)PDF 

  練習室・和室(2019年1月分)PDF

  市内の方は7月2日(月)、市外の方は7月8日(日)午前9時より、小金井 宮地楽器ホール2階事務室にて随時お申込みを承ります。

 ※インターネット予約システムでのご予約は、市内の方は7月2日(月)、市外の方は7月8日(日)、午前10時からです。(対象:練習室・和室)

 
【イベントレポート】
施設見学会 市民ギャラリー編
18. 06. 28

“小金井 宮地楽器ホール使いこなし術シリーズ”として、6/23(土)に「施設利用者のための 施設見学会 ~市民ギャラリー編~」を開催しました。

 

日頃から展示設営の手伝いで活躍されているシルバー人材センターの方をアドバイザーにお迎えし、可動壁やワイヤーフックの使い方、照明の調整の仕方などを丁寧にレクチャー。

R0623-1.JPG

 

市民ギャラリーの備品の使い方にとどまらず、展示作品を扱うときの心構えや、並べ方のパターンなど、展示会を企画する際にも役立つお話がたくさんありました。

 

R0623-2.JPG

 

参加者も設営を体験しながらの、実践的な見学会となりました。

 

 
【7月1日抽選会実施施設】空き状況のおしらせ 18. 06. 28

7月1日に市内団体を対象に施設利用抽選会を行います。
対象となる月は、大・小ホール、市民ギャラリーは平成31年8月、練習室・和室は平成31年1月です。

なお、小金井市による利用や保守点検などで、すでにご利用いただけないお日にちがございます。
下記リンクよりPDFファイルをご参照いただき、事前にご確認のうえご来館ください。

       日時                              対象施設
7月1日(日)9:00受付開始         大・小ホール、市民ギャラリー(平成31年8月分)(PDF)

7月1日(日)13:30受付開始                     練習室・和室(平成31年1月)(PDF)


受付開始時間の30分後(大小ホール、市民ギャラリーは9:30、練習室・和室は14:00)より抽選会を実施します。それまでに当館小ホールにお越し下さい。

◆抽選方法◆

受付順(ご来館された順)に整理券をお配りします。

整理券1番の方から順に、「くじ」をひいていただきます。

「くじ」番号1番の方から順に、ご希望の施設・日時のご予約を承ります。

※1度にお取りできる日数には制限があります。
※抽選に参加できるのは1催事につき1団体までです。

  

なお、開館時間(9時)より前にお越しの場合は、
JR武蔵小金井駅側の正面入口への整列をお願いしております。
詳しくは以下をご覧ください。
 

PDF予約開始日に施設を申込み希望のお客様へ

 

※抽選会参加時のご注意※

平成28年1月より施設予約申込みには事前の利用者登録が必要となっております。

万が一、まだ登録がお済みでなく、抽選会にご参加を希望される方は、必ず受付の前にスタッフまでお申し付けください。

また、すでにご登録がお済みの方は、抽選会受付時に登録カードを拝見しますので、必ずお持ちください。

なお、利用者登録の導入から、市内/市外の区分の基準が変更になっております。詳細情報は、下記PDF「施設利用の皆さまへ 大切なお知らせ」をご確認ください。

PDF「施設利用者のみなさまへ 大切なお知らせ

 
【イベントレポート】トリプルピアノ 三大ジャス・ピアニストの競演
-羽田健太郎 没後10年トリビュート-
18. 06. 24

2008年のコンサートを最後に活動を終了した「トリプルピアノ」。
羽田健太郎さんの没後10年のメモリアル企画として、
オリジナルメンバーの前田憲男さん、佐藤允彦さんに国府弘子さんを迎えて
6/17(日)にコンサートを開催しました。

_DSC5292.jpg
コンサートは「トリプルピアノ」の定番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」からスタート。
その他「ハンガリー狂詩曲」や「Recado Bossa Nova」など人気曲がならび、それぞれのソロ演奏もありました。

_DSC5373.jpg
曲と曲の間には、三名の軽快なトークにお客様の笑い声も絶えず、
羽田健太郎さんとのエピソードも交え、思い出話にも華が咲きました。

プログラムの最後は25分もつづく大曲「MEDLEY from“WEST SIDE STORY”」。
国府弘子さんとの新たな「トリプルピアノ」としての魅力を余すことなく披露し、
満員のお客様のあたたかな拍手で終了しました。


_DSC5308.jpg
歌心たっぷりのピアノを演奏する国府弘子さん。

_DSC5329.jpg
これがジャズとばかりに、本場仕込みのエキサイティングな演奏を披露する佐藤允彦さん。

_DSC5319.jpg
古き良きジャジーな雰囲気の前田憲男さん。

IMG_9220.JPG
舞台裏には取り外された3台のピアノのふたが並べられた、珍しい光景も。

 
ジャズ・ピアニスト3名が語る「私とジャズ」
-ジャズの巨匠たちによるスペシャル・トーク・イベント-
18. 05. 21

6/17(日)に開催する「トリプルピアノ」公演に先駆けて、関連企画を開催しました。
同じジャズ・ピアニストの肩書きを持ちながら、異なる経歴を持つ前田憲男さん、佐藤允彦さん、国府弘子さんが、「私とジャズ」というお題をもとに、3つのテーマについて話をしました。そして各テーマの間には、荒川康男さん(ベース)、稲垣貴庸さん(ドラムス)も加わり、豪華な演奏を披露。濃密な90分間でした。

IMG_0815.JPG

テーマ1 『ピアノとの出会い』
「生まれたときには既にピアノがあった(前田)」とのコメントには“お坊ちゃま疑惑”が急浮上。「いやいや、普通の家庭だよ!(前田)」とのやりとりから始まり、それぞれのピアノの思い出が語られました。

テーマ2 『ジャズとの出会い』
「親の影響で、いつの間にかジャズにふれていた(前田)」。というエピソードや、「ピアノで生きていくと決めたときに出会ったのがジャズ(佐藤)」「いろいろと音楽に行き詰っていたとき心を開放してくれたのがジャズ(国府)」など、興味深いエピソードが飛び出しました。

テーマ3 『トリプルピアノの思い出』
やはりここで出てくるのは、故・羽田健太郎さんのエピソード。「一番細かく難しいパートを弾いていた」や「お話が上手」、また、「コンサートで話すための駄洒落を必死に考えていた」など、亡くなって既に10年が経過しながらも、今なお、仲間に愛され続けられていることを、強く印象づけられるお話でした。

~演奏の様子~

IMG_0764.JPG

<国府弘子 セクション>
・ Girl Talk (ニール・へフティ)
・ You Tune My Heart (国府弘子)※Solo
・ マシュ・ケ・ナダ (ジョルジ・ベン)

 

IMG_0808.JPG

<佐藤允彦 セクション>
・ もみじ (岡野貞一)
・ Michelle (ビートルズ)

 

IMG_0831.JPG

<前田憲男 セクション>
・ Five Spot After Dark (カーティス・フラー)     
・ Get Me Ti The Church on Time (フレデリック・ロー)

 

 
【こがねい落語特選】 2公演セット券 購入方法について 18. 04. 09

今年も見どころたっぷりの「こがねい落語特選」
お得なセット券をご用意しました!

申込方法:
小金井 宮地楽器ホールチケットデスク(窓口・電話)
 電話番号:042-380-8099(10:00-19:00)
 インターネットチケットシステム→コチラ
  ※インターネットチケットシステムからお申込みの方は、「年席予約」からご購入ください。

発売期間:
 <一 般> 4月30日(月・祝) ~ 5月6日(日)
 <こがねいメンバーズ> 4月15日(日) ~ 5月6日(日)

販売料金:
 <一 般> 7,000円 → 6,500円
 <こがねいメンバーズ> 6,400円 → 6,000円

H30set_rakugo.jpg

チラシのPDFはこちら

どちらも落語の魅力がたっぷりの豪華絢爛な顔付けです。
この機会に是非お楽しみください。

○2018年9月23日(日)納涼 落語の華 ~煌く個性~ ※詳細ページはコチラ
○2019年1月27日(日)新春 落語の彩 ~躍る個性~ ※詳細ページはコチラ

 
【コンシェルジュ通信vol.60】 コンシェルジュ通信 最終回 18. 03. 29

こんにちは、こがねいコンシェルジュです。

 

平成26年10月よりスタートした『コンシェルジュ通信』は、今回60回目を迎えました。

 

今まで、当館施設のご案内、公演情報、小金井市の催し物などをみなさまにご紹介してまいりましたが、『【公式】小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)』Twitterの開始に伴い、この役割をバトンタッチすることになりました。

 

Twitterでは、施設の取り組みや小金井の街の魅力、文化にまつわる豆知識などを、よりタイムリーにつぶやいていきます。

みなさま、当館Twitterアカウントをぜひフォローしてください!

 

これまで、コンシェルジュ通信をお読みいただきまして、ありがとうございました。

私たち、こがねいコンシェルジュは、これからも小金井 宮地楽器ホールでみなさまをお待ちしております。

 

2018.3.29.jpg

 
友の会イベントレポート「パイプオルガンの魅力」 18. 03. 28

3/8(木)に、こがねいメンバーズ会員限定イベント「パイプオルガンの魅力 ~オルガン音楽で辿る、スヴェーリンクからバッハまで~」を、当館小ホールにて開催しました。

日本を代表するオルガニストであり、日本キリスト教団小金井教会のオルガニストを務める松居直美さんが出演。

前半は、オルガンの歴史や構造などのお話を交えながら、オルガンの音色の変化を楽しめる曲などを披露。後半は、各国のパイプオルガンの写真をスライドで紹介。いろいろなパイプオルガンの美しさや複雑な演奏台の写真に各国・時代へ思いを馳せた後に、バッハを3曲堪能しました。

 

organ1.JPGorgan2.JPG

 

 

 

 

 

 

休憩時間には、オルガンの搬入・調律のために会場入りしていたオルガン製作者が、オルガンの内部を見せてくださり、オルガンを囲んで会話がはずみました。 

organ3.jpgorgan4.jpg

製作者:Marc GARNIER Orgues(France) 製作年:1989年

普段、あまり触れることの出来ない、パイプオルガンの魅力を存分に体感できるイベントとなりました。

  

【演奏曲目】

 J.S.バッハ     :『アンナ・マグダレナのクラヴィーア小曲集』より メヌエット ト長調 、ト短調 

             『ゴルドベルグ変奏曲』より アリア ト長調 BWV988

J.P.スヴェーリンク :我が青春の日々は終わりぬ SwWV324

J.J.フローベルガー :VT・RE・MI・FA・SOL・LA によるファンタジア FbWV201

G.ムッファト      :『音楽とオルガンの資料』より トッカータ 7番

 J.S.バッハ      :尊き御神の統べしらすままにまつろい BWV691

             イエスよ、わが喜び BWV713

             甘き喜びに包まれ BWV729

 

 
【コンシェルジュ通信vol.59】 2018年 新年のごあいさつ♪ 18. 01. 04

あけましておめでとうございます。

こがねいコンシェルジュです。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

小金井 宮地楽器ホールは、1月4日(木)より通常どおり営業しています。

 

今年も小金井市文化連盟華道部のご協力により、正面入り口を飾る新年の祝い花が、みなさまをお迎えいたします。

ぜひ、お立ち寄りください。(祝い花設置は、1月7日(日)16時まで)

 

IMG_9937-1.jpg

【花材名】

・大王松  ・根引松  ・木瓜  ・雲竜柳(金塗)   ・百合(オリエンタルリリー)

 

 
【コンシェルジュ通信vol.58】 2017年 今年もありがとうございました♪ 17. 12. 28

こんにちは、こがねいコンシェルジュです。

 

今年も1年間、ご利用ありがとうございました。

 

2017年、当館は開館5周年を迎えました。

 

3月には、開館5周年を記念した、ベートーヴェン『第九』の演奏会を開催しました。

公募により結成した「こがねい第九合唱団」の歓喜の歌が響きました。

 

また、10月には開館5周年記念事業「写真で振りかえる5周年」を開催しました。

当館主催のコンサートや様々な活動の記録を、写真家・藤本史昭氏による写真を中心に展示し、たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

来年以降も、便利で利用しやすく、みなさまに愛される施設をめざしてまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

年末は29日(金)から休館日となり、新年は1月4日(木)9時より通常どおり営業いたします。

 

それでは、みなさま良いお年をお迎えください♪

 

IMG_6333.JPG