小金井 宮地楽器ホール

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問合せ
  • サイトマップ

イベント詳細

チケット購入方法

オンラインチケット予約

よくあるご質問

友の会こがねいメンバーズ

小金井宮地楽器ホールスタッフブログ

  • 概要
  • プロフィール

茂木 大輔(もぎ だいすけ)

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)。1986年からシュトゥットガルト・ フィルハーモニー管弦楽団の第1オーボエ奏者を経て、90年からNHK交響楽団首席オーボエ奏者。多数のCDをリリースして注目を集める。96年から指揮活動に入り、オーケストラの楽器や、バッハの教会音楽、ベートーヴェンのシンフォニーなどの解説コンサートで全国的に活躍。若手在京プレーヤーを中心とした「もぎオケ管弦団」(コンサートマスター:永峰高志)を率いてライブCDも発売するほか、現在までに仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団など多数の団体を指揮している。2009年より東京音楽大学、および大学院にて指揮実技、音楽理論、スコアリーデイングなどを学び、13年卒業。指揮を故岩城宏之、および外山雄三、広上淳一、田代俊文、三河正典の各氏に師事。二ノ宮知子「のだめカンタービレ」原作に取材協力、ドラマ、アニメ、映画では「クラシック監修」と俳優の演奏演技指導などを担当した。執筆でも知られ、「オーケストラ楽器別人間学」(新潮文庫)など多数の著書がある。最新刊はドイツ語単語からの連想エッセイ「アイネクライネなわが回想」(幻戯書房)。小金井市在住

市原 愛(いちはら あい)

神奈川県生まれ。東京藝術大学、ミュンヘン国立音楽大学大学院に学び、プリンツレゲンテン劇場、バイロイト辺境伯歌劇場、バーデン州立歌劇場、アウグスブルク歌劇場(専属ソロ歌手)等に出演。国内では、読売日響、都響、東京フィル、新日本フィル、日本フィル、神奈川フィル、大阪フィル等との共演など多彩な活動を展開。2013年12月のトリノ王立歌劇場日本公演ではヴェルディ「仮面舞踏会」でオスカル役に、2015年2月~4月には錦織健プロデュース・オペラVol.6「後宮からの逃走(モーツァルト)」の全国ツアーでブロンデ役に起用され、その歌唱力と演技で聴衆を魅了した。2015年10月にファーストアルバム「歌の翼に」(オクタヴィアレコード)をリリース。

©武藤 章

オフィシャル・ホームページ

菊池 洋子(きくち ようこ)

2002年第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝。その後、ザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演するほか、チューリヒでのリサイタルや、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭やパレルモ音楽祭への参加など国内外で活発に活動を展開し、実力・人気ともに日本を代表するピアニストの一人である。
2009年にはモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲をフォルテピアノとモダンピアノを用いて演奏するといった意欲的な企画に取り組み好評を得た。最近では、世界的バレエダンサー ディアナ・ヴィシニョーワや吉田都ほかと共演している。CD録音も活発に行い、エイベックスとオクタヴィアよりリリースしている。2007年第17回出光音楽賞受賞。

©Marco Borggreve

オフィシャル・ホームページ

ページトップ