JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前にある文化施設です。578席の大ホールをはじめ、小ホール、市民ギャラリー、4つの練習室、和室、マルチパーパススペースがあります。
最新の書き込み
 
 

 
〒184-0004
東京都小金井市本町6-14-45
TEL: 042-380-8077
FAX: 042-380-8078

開館時間: 9:00 ~ 22:00
受付時間: 9:00 ~ 20:00
休館日: 毎月第2火曜日および第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日) / 年末年始
【イベントレポート】
「こがねいガラ・コンサートをもっと楽しむための茂木大輔音楽講座」
18. 09. 30

いよいよ来月に迫った、「こがねいガラ・コンサート2018」。毎年、本番公演のプレレクチャーとして人気を博している「こがねいガラ・コンサートをもっと楽しむための茂木大輔音楽講座(ミニコンサートつき)」を今年も開催しました。

前半は、こがねいガラ・コンサートの公演でソリストとして登場いただく有馬律子さんによるハープの演奏と、楽器の歴史や構造についてのミニレクチャー。

01イベントレポート.jpgイベントレポート02.jpg

有馬さんが舞台上に上がられると会場の空気は一変し、バッハをはじめ3曲を演奏してくれました。

・J.S.バッハ:リュート組曲第1番BWV996

・C.サン=サーンス:ハープのための幻想曲Op.95

・F.ゴドフロア:ヴェニスの謝肉祭 Op.184

なかなか近くで見る機会の無いハープですが、その歴史は古く、最古の楽器といわれているそうです。有馬さんが弾いているのはハープの中で最も大きいグランドハープという種類。

今回多くの感嘆の声があがっていたのは、ハープについているペダルのお話の時でした。

弦にそれぞれドレミファソラシの音階があり、このペダルを踏むことで半音上げる・下げる(ピアノでいう黒鍵の音)を弾きわけているのだとか。

「ハープ奏者は白鳥に例えられます。弾いている姿は優雅ですが、足元は必死です笑」と、チャーミングな一面も。

質疑応答では「弦は全て同じ素材なのか」「手は痛くならないのか」など、ひとつひとつ丁寧にこたえてくださいました。

ハープという楽器がぐっと身近に感じられ、その魅力を存分に味わえる素敵な演奏とお話でした!

 

後半は、茂木大輔さんによるベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』の解説。

イベントレポート4.jpg

 

今年のプログラムのメインである『英雄』は、茂木さんが情熱を傾けている、思い入れたっぷりの作品。音楽のフランス革命ともいわれる歴史的な大曲の解説とあって、会場の方も思わず身を乗り出す熱弁ぶり。

イベントレポート3.jpg5イベントレポート.jpg

 

それまでの交響曲との違い、この曲が世の中に与えたインパクト、楽章ごとに際立つ個性や影響を受けたと思われる楽曲の話など、溢れる情熱と知識を惜しみなく注いでいただきました。

 

茂木さん渾身のベートーヴェンの『英雄』。こがねいガラ・オーケストラの演奏が待ち遠しくなりました!